2006年11月20日

くら寿司

くら寿司体験二度目。
子供にせがまれて、ガチャポンを出すために、
必死に食べてる家族の様子は、
なかなか、微笑ましいものがありますが…

一度目は、実家の近所(関西)で、
二度目は、昨日、自宅近所(関東)で。
関東に越してきてから、回転寿司で思うこと…

なんで、シャリが温かいんだろう。
生ぬるいとか、そういう次元じゃなくて、
炊きたてのご飯を少し冷ました感じ。

関西のおっちゃんやおばちゃんなら、
通りかかる店員に、きっとこう言う。

「兄ちゃん、ご飯 温(ぬく)いで。」

関東人は、なぜ、誰も文句言わないのか?
江戸前というぐらいだから、これが正解なのか?
謎は深まるばかり。

けど、どう考えたって、
冷たいネタに、温かいシャリはアカンやろ。
混むん分かってるねんから、朝から、
ご飯炊きまくって、スタンバってたらええ思うけど。

まぁ、100円やし、
ネタも(多少薄っつぺらいけど)ええし。
文句を言うのもおこがましいけど、なんか残念。

それにしても、あのガチャポン。
何皿食べたら当たるんやろ。
一生懸命食べるけど、いっぺんも当たったことない。

お腹いっぱいでも、キリのいいとこまで、
食べてしまうのが、”儲かる”コツ…なんですね。



posted by ぽちくん at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。